カテゴリー: 未分類

どこの歯科医院でもインプラントが適用さ

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。